第10話一覧

【ハイスクールD×D HERO】第10話 感想まとめ「リアス・グレモリーの眷属として」

いよいよレーティングゲームの幕が上がる。第一試合を任されたのは、木場。バアル眷属のフールカスとナイト同士の一騎打ちとなった。仲間の信頼に応えるべく、木場は初手から全力で挑もうとする。第二試合を経て、第三試合ではサイラオーグがあらかじめ出場する選手を宣言。対戦相手はコリアナという女性の眷属だった。女性が相手ということで、優位に立てる一誠が舞台へ上がるが、コリアナがいきなり脱ぎ始めて――!?。

【若おかみは小学生!】第10話 感想まとめ「二人は親友!?若おかみ」

温泉が苦手なえりかをパーティ風呂でもてなしたおっこと真月。幻想的な露天風呂にえりかは大喜び。三木にも、旅館にしかできないおもてなしを見せることができました。翌日、春の屋を去る稲田やえりか、三木を見送りに来た真月は、三木に想いを伝えられるのでしょうか…。

【SAO オルタナティブ ガンゲイル・オンライン】第10話 感想まとめ「魔王復活」

残りは6チーム。サバンナで戦うレンとフカ次郎のふたりは《MMTM》の襲撃を受けた。そのとき、前回《スクワッド・ジャム》のライバルチーム《SHINC》が、レンたちの前に現れる。《SHINC》のボスは、レンにガチのタイマン勝負を申し込むが……。 「ごめん……それはできない」  唯一ピトフーイを止められるのはレンのみ。7チームを返り討ちにして勢いが止まらないピトフーイとエムのチーム《PM4》に《SHINC》と《LF》が挑む。エムの狙撃をかいくぐり、最強の盾を突破することはできるのか……。 「各員、気合い入れな! 目標《PM4》! 《お菓子作戦》を開始する!」

【ひそねとまそたん】第10話 感想まとめ「好きになったらトロけちゃう」

上層部の懸念は的中した。恋愛感情が、OTFとDパイの関係に重大な亀裂をいれてしまった。 “吻合”によりまそたんに乗れなくなったひそねは、まだ自分の気持ちに気づけずにいた。 ひそねの姿を見た名緒は、自分にできることを見つめなおす。 ノーマに乗れなくなった絵瑠は、再び夢を追いかけ始める。 小此木、そして棗、“マツリゴト”を目前に揺れ動く岐阜基地の面々。 来たるべきその日に向け、人それぞれに新たな動きが始まっていた。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第10話 感想まとめ「存在証明のパンドラ」

明晰な頭脳を持つ後輩・紅莉栖に憧れ、尊敬していた真帆。 それと同時に彼女は、どうやっても追いつけない天賦の才能に、ひそかに劣等感を抱いてもいた。 そんな真帆の元には、紅莉栖の遺品が残されていた。 それは生前、彼女が使用し、その思考が記録されているノートパソコンだった。

【ラストピリオド】第10話 感想まとめ「はぴえれ怪」

依頼書を横取りしたワイズマンを追って町中を疾走するハルたち。ワイズマンを見失った先で見つけたのは、表札に『わいずまん』と書かれた立派な家。ハルたちはそこで、いつも強力な★5キャラをコールするルルナと出会う。ガジェルの頼みで試しにコールするルルナ。その光は今までに見たことがないものだった。

【ペルソナ5】第10話 感想まとめ「I want to see justice with my own eyes」

蓮、竜司、杏の三人は社会科見学のために訪れたテレビ局で、ゲストとして招かれていた高校生名探偵・明智吾郎と遭遇する。番組内で怪盗団について言及する明智に不安を覚える一方、秀尽学園内でも蓮たちの動向について探りを入れる人物が現れ……

【妖怪ウォッチ シャドウサイド】第10話 感想まとめ「戦慄の切裂きジョーカー」

かなり危険な香りを醸し出している、“切裂きジョーカー”についての怪奇案件。切裂きジョーカーはトランプのジョーカーにそっくりなピエロ風の男で、夜道を歩く女性の背後から迫り、「スパッといきましょうか~」と、鋭い2本の鎌で切りかかってくるらしい。被害者はその後、部屋に引きこもってしまうという。切裂きジョーカーをおびき寄せるため、なんとアキノリが女装して囮に。こんな格好で大丈夫なのか…と思った矢先、切り裂きジョーカーが出現! ジョーカーは両手の鎌でアキノリを襲撃するが、トウマが幻魔“義経”を憑依召喚し、間一髪のところで追い払った。しかしその後、アキノリは自分の部屋に引きこもってしまう。アキノリにいったい何が起こったのか…!?

【イナズマイレブン アレスの天秤】第10話 感想まとめ「激突! 皇帝ペンギンVS北極グマ!!」

残り時間も後わずか。帝国学園の必殺タクティクスに苦しめられる雷門中。その時、ついに趙金雲が動いた!趙金雲VS影山零治、両監督の思惑が渦巻く中、一歩も譲らない白熱の試合が展開される。帝国学園の佐久間や不動もそれぞれの想いを胸に最後の力を振り絞る。果たして勝利の女神がほほ笑むのはどちらなのか…!?歴史に名を残すほどの名勝負、ついに決着。







トップへ戻る