第21話一覧

【七つの大罪 戒めの復活】第21話 感想まとめ「たしかな ぬくもり」

エスタロッサの操る七本の剣に七つの心臓すべてを刺されてメリオダスは死んでしまった。そして本格的な侵攻を開始した〈十戒〉率いる魔神族によってブリタニアは蹂躙されてしまう。各地で魔神族の侵攻を止めようと残った〈七つの大罪〉たちや聖騎士たちが戦う中、〈豚の帽子〉亭ではエリザベスとホークが心臓が止まったままのメリオダスを見守っていた。

【斉木楠雄のΨ難】第21話 感想まとめ「Ψ訪!祖父母放浪記」

楠雄の家にやってくるはずだった熊五郎と久美だが、駅でお互いはぐれてしまった。困った熊五郎は楠雄の家に電話をかけるが、楠雄と話すのに照れている間にテレホンカードの残高が切れてしまう。見かねた楠雄が二人を迎えに行こうと千里眼で視てみると、そこには熊五郎に声をかける照橋と、久美と意気投合する相卜の姿があった! 照橋と相卜に自分の祖父母だと悟られたくなかった楠雄だが、すぐにバレてしまい……!?

【食戟のソーマ 餐ノ皿】第21話 感想まとめ「荒野を拓く者」

23年前の極星寮。そこは才波城一郎と堂島銀を筆頭に、中村薊たち有能な料理人が所属し、遠月学園内でも最強の勢力として名を振るっていた……。数々のコンクールで優勝し、率先して新たな一皿を創り出していく才波の料理は誰しも認める所だったが、本人の心の中には穏やかではない想いが……!?

【カードキャプターさくら クリアカード編】第21話 感想まとめ「さくらと鏡と思い出の鍵」

新しいカードについて相談するためケルベロスと月は、エリオルと魔法で通信していた。 エリオルの調べで海渡が魔法協会からあるものを持ち出したことが明らかになるが、海渡の魔法で通信を遮断されてしまう。 一方、ひいおじいさんの家から戻ってきたさくらと小狼は、さくらの家の前で異変に気付く。

【刀使ノ巫女】第21話 感想まとめ「雷神の剣」

イチキシマヒメと同化し、禍神の力を手に入れた姫和は、タギツヒメを圧倒する。しかし、その強大な力を制御できず暴走し、可奈美の前から姿を消す。動揺する可奈美たち。一方、紫は単身姫和を追い、かつての自分がそうしたように、大荒魂を抑え込む術を教えようとするが……。

【グランクレスト戦記】第21話 感想まとめ「粛清」

アレクシスとマリーネが和解し、結ばれることとなった。そしてテオが皇帝となり、皇帝聖印が誕生する日も近いと思われたその時、シルーカのタクトにとある魔法師から通信が入る。通信の内容は、エーラムで君主派の魔法師に対する大規模な粛清が始まり、魔法師協会が君主たちの敵に回ったという衝撃的なものだった。 通信を聞いたテオとシルーカは全君主を集め、魔法師協会との対決を宣言。条約、連合、同盟の三軍を統合し、皇帝軍とすると、エーラムへの進軍を指示する。







トップへ戻る