第9話一覧

【ハイスクールD×D HERO】第9話 感想まとめ「若手最強決定戦、開始です!」

部屋を飛び出したリアスを追いかけようとする一誠だが、朱乃たちに制止されてしまう。ここ最近のリアスの態度、自分に向けられる周囲からの期待を思い返し、一誠はある結論に達する。「部長は俺のことが好き…なのか…?」。否定しようにも、否定しきれない思い出が浮かんでは消えていく。一誠もまたリアスへの気持ちを再確認するが……しかし、あと一歩を踏み出せずにいた。事情を察した朱乃たちは悩める少年を体で癒そうとする。

【SAO オルタナティブ ガンゲイル・オンライン】第9話 感想まとめ「十分間の鏖殺」

ピトフーイたちのチーム《PM4》を倒すべく、複数のチームが結託して攻撃を開始する。はたしてピトたちの運命は――。 そのころ、レンとフカ次郎は《PM4》の現在位置を目指して、最短距離で進軍していた。目の前にそびえ立つ巨大なドームの中を突っ切ると早いのだが、そこには3つの敵チームが確認された。 「今回は《ラッキー・ガール》返上かな、こりゃ……」 すると、ドームからいくつもの銃声が聞こえてくる。どうやら敵チーム同士が戦闘しているらしい。敵同士で潰しあってくれれば……そう考えていたレンはその銃声に奇妙な感覚を覚える。

【ひそねとまそたん】第9話 感想まとめ「ギャーーー!!」

“マツリゴト”を想定した三日三晩に及ぶ訓練の後、 岐阜基地に現れたのは“巫女”たちだった。 そして、“神祇官”に所属していることが明かされた小此木。 巫女のひとりである棗は、小此木への好意を隠そうとせず、 小此木と親しいひそねに対して執拗につきまとう。 一方で若い巫女たちにうかれる飛実団のパイロットたち。 絵瑠の気持ちにも動きが見え始めていた。 マツリゴトに向け訓練が過酷さを増す中、貞と飯干は“吻合”を案じていた……。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第9話 感想まとめ「永劫回帰のパンドラ」

「α世界線」で紅莉栖と再会し、束の間の逢瀬を果たした岡部。 病院のベッドで目覚めた岡部は、再び「β世界線」へと帰還していた。 すべてはもとに戻ったかのように思われた。だが、岡部が眠っていた間にも、 「アマデウス」の乗っ取りに続き、彼らの身の回りにはいくつかの不穏な事件が起きていた。

【ラストピリオド】第9話 感想まとめ「膨張する銀河」

最初の頃こそハルたちと互角の戦いを繰り広げていたワイズマン。だが最近は連戦連敗、しかも反省の色もなし。しびれを切らしたクロパネルラは、ワイズマンに一ヶ月後の解雇を通告、さらに新たな部下・ソニアをワイズマンの上司に据える。ソニアの強力な攻撃でクロパネルラ陣営は連勝するようになったのだが……。

【デビルズライン】第9話 感想まとめ「コマンド」

沢崎に代わる新しい班長として、石丸警部補がF班にやってきた。安斎たちF班のメンバーは、石丸に牛尾らと同様スパイではないかと疑いの目を向ける。石丸はそれを察すると、自分と菊原の身辺調査を自ら願い出た。疑心暗鬼のまま動き出す新体制のF班。つかさは受け取ったアドレスを頼りにゼロナナとゼロキューに接触し、F班はCCCの情報を得ようと交渉する。ゼロナナは情報を渡す代わりにある男についての記録が知りたいと条件を出してきた──。

【魔法少女サイト】第9話 感想まとめ「神は僕を見離さない」

虹海のステッキを奪ったのは、彩の兄、要だった。誰にも言えぬまま、彩は露乃たちと沙雪の家を訪れる。一方、虹海の恋心を利用して、ステッキを手に入れた要は、さらなる行動に出る。すでに人を殺した要に、迷いはない。魔法少女たち殺害し、全てのステッキを我がものにしようと、要は彩のもとへと向かう…。







トップへ戻る